読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうち笑い話になるさ

得意分野は90年代の土曜9時ですが、22年目の話題にもできる限り迫っていく所存です。

CUE DREAM JAM-BOREE 2016 千秋楽

f:id:livvvvvve:20160802231720j:plain

WOWOWで「悪童」を、たまたま見かけてからおよそ半年。
まさか、あの大泉洋Pを追いかけて北海道に飛ぶとは思っていませんでした。

CUE DREAM JAM-BOREE 2016 千秋楽に行ってきたよ!


一時的にブアッと豪雨が通りすぎていったのだが、雨男で名高い大泉氏がMCで「上と連絡取って降らせる量を調節してるから」的なことを話されていて、あれ……、なにこのデジャブと思いました。ねえ井ノ原さん。やっぱキャラって被るんだなあ!

安田さんや音尾くんの濃ゆいキャラは、さすがにもう(年齢的にあるいは世間体的に)見られないのかなーっとなんとなく思っていたら、いつもの黄色いパンツが出てきてガッツポーズだったし、森崎先生も生で見られるとは思ってなかったし、そもそも鈴井貴之のとん平を見せられてしまったら、そんなこと言ってらんないんだろうなあ。さすが生涯現役、率先して馬鹿になって、かっけーっす会長。女子部も可愛かったし、誰よりも藤尾インティライミは輝いていた。後ろの河野くんの顔が脳裏に焼きついて離れない。

★ナックスは見事に泣かせにきてました。
本公演20年の歩みに圧倒された。音尾くんいい曲つくるねえ。ハリケーンは無駄な動きの多いシゲさんがきれっきれで脱帽。みんなまだまだ動ける。気がつきゃ40過ぎじゃない!

どうでしょうには詳しくないけれど、そんな自分もついうるっと来てしまった鈴井大泉デュオの演出。そしてラストは樋口さんの1/6の夢旅人2016で。*1

みんなそれぞれ格好良かったし可愛かったし語りきれないのだけれど、やっぱり森崎さんが、勢いあって優しくて良かったなあ。リーダーのうちわ振っちゃったよ。憧れというか、ああありたいなという目標の方です。ど新参者の本州民も温かく迎え入れてくださる心の広さと申しますか。CUEの、というか、結局は北海道のファンになりました。観光も含め、本当に楽しませていただきました。また北海道に、今度はもっとゆっくりスケジュールで遊びに行こうと思います。ありがとうございました!

今回、一番楽しみにしていた寸劇パート。
追記には自分用の覚え書きを置いています。






livvvvvve.hateblo.jp

大泉大先生による非公認?二次創作!笑
古沢さんに怒られないことを切に願います!笑

“overture”が流れ、悪童DVDの映像で軽い内容&人物紹介。先にこっちを見てしまうと、とん平や宮原都の先入観があんまりにもあれなので、必ず本編を先に見た方がいい。

・悪童 episode 0

40代のエロッチが目を覚ますと、そこは馬鹿田中学校卓球部の部室。卓球台に敷いた布団には、中学生の西クンが寝ていた。

「これ、夢か?」

ケンタウロスが通りすぎていったりするので)自分の見ている夢に違いないと確信するエロッチ。

(呪いのお金に縁がありそうな風貌に例のヅラの)中学生チャックにラケット隠されてお怒りの、中学生紺ちゃんと中学生巻(と藤尾)もなだれ込んでくる。西クンが爆睡していて起きないので、落書きするみんな(率先して落書きする紺ちゃん、西クンの目を突こうとする巻。西クンの目を突こうとするのやめて、とツッコミに忙しいチャック)

ようやく西クンも目を覚まし、中学生の西クンたちと出会えてエロッチ大はしゃぎ(西クンはわかりやすく「とん平はいじめられている」と思い込みの激しさを発揮し、例の名台詞「とん平のことちゃんと背負って生きていけよ!」を叫んでくれるが、落書きですんごい面白い顔になっているので全然説得力がない)

ていうかずっと居るけどお前は誰なんだ藤尾。曰く、エロッチと同じクラスで卓球部の藤尾、らしい。じゃあ、とん平ってどんなだったっけ……、というわけで韓国からの転校生、鴨田先生、宮原都含むバドミントン部女子たちのあと、とうとう登場したのは……、ぐるぐる眼鏡で馬鹿全開の鈴井とん平であった。

紺ちゃんがチャックを脅す台詞抜けで弄られる)

卓球部のOBとして安田先輩、後藤利喜男といつもの面々を呼び出したあと、女子バドミントン部が着替えを始め、覗きに行ってしまうとん平。そのまま行かせたら落ちることを知ってるエロッチは止めようとするが、なぜか巻と紺ちゃんが先客として覗きをやっていた(巻に体を支えさせられてる紺ちゃんが可愛い、)とん平やエロッチと揉み合ううち、とん平と、まさかの巻まで屋上から落ちてしまった。

「俺は、歴史を変えてしまったのか……?」

チャックは西クンを誘って音楽祭に出場しようとするが、消極的な西クンはなかなかウンと言わず“竜宮”にも一緒に行けない。チャックが去ったあと「なんだよもうみんな勝手なことばっかり言って、ふて寝だ!」と卓球台で寝てしまう西クン。静かな心拍計の音。現れたのは、40代のエロッチ、巻、チャック。遅れてきた紺ちゃん。西クンの奥さんによれば、手術を受けてからかれこれ3ヶ月、西クンは目を覚まさないらしい……。

「一緒にまた歌おうって約束したじゃん! 今度は西クンが曲作るからって!」

中学生時代、チャックが作った曲を西クンがギター*2弾いて、二人で歌う。音楽祭のあと、時は移ろって現代の卓球部部室。チャックに呼び出された紺ちゃん、巻、エロッチ。チャック曰く、今回彼らを呼び出したのは自分ではなく、西クンだという。西クンの奥さんから預かってきた、西クンがみんなに宛てて書いた手紙を取り出すチャック。西クンは、またみんなで集まって卓球をやることを励みにして闘病生活を送っていた。送って、いた……。

「……まだ手がしびれているので審判くらいしかできませんが、」
「今、なんつった?」

すっかり“西クン死んだ雰囲気”だったのだが、実は西クンの手術は成功し、いま、この場所に向かっている。チャック曰く「死んだなんて誰も言ってないじゃん!」松葉杖をついてやって来る西クンのシルエット。部室の扉が開くと、そこには照れくさそうに笑う西クン。頭に巻かれた包帯を外すと、おでこに“東”って書いてある。中学生当時の落書きと一緒だ。みんなは笑顔で、西クンを審判に、紺ちゃん巻VSチャックエロッチの卓球勝負が始まった……。

いやー、素敵だった!
どこまでがエロッチの見た夢で、どこからが現実だったんだろうねえ?
(歴史改変を匂わす台詞の通り、精神だけタイムスリップしてても面白いな!)

誰より忙しいであろう大泉さんがあれだけ頑張ったのはたいしたもんだと唸ってしまったし、弱気な大泉をトイレで励ますシゲと音尾くん、という裏話もめちゃめちゃ素敵です。卓球台のベッドで、一度寝たらなかなか起きないから仲間たちが落書きをする、という中学生西クン設定の可愛らしさといったらもう。もう。西クンは末っ子より末っ子らしい扱われ方されててほんと良かったなあ。わんつーのラップ演出はなんなんだろう……?と思ってたけどひょっとしてウエストサイドストーリー、的な?考えすぎか?

そして安田先輩と巻が同一人物だという壮絶さ!笑

今年の安田先輩はおまるとセット。安田先輩の後輩で信者、と設定が増えまくる利喜男の「大学生の頃、安田先輩の部屋で寝ゲロしてすみませんでした」という懺悔室に対する「よしなに。」が衝撃的におもしろすぎて腹筋痛い。自由すぎるヤスケンに「なんで台本通りやってくれないの!? 衣装合わせもしてズボン用意したのに、なんではかないんだよう!!」っつってぴょんぴょん跳ねてorz となる大泉が漫画のようでひたすら可愛かったんだ。

いやー、もう、いろんなことがあったけど忘れてるんだろうなあ。時系列も既に曖昧だし。Blu-rayが発売されたら、また確認しないとね。CDアルバムもナックス5人がそれぞれ作った曲のうち4/5が泣かせに来ているという名盤で、そこでも不思議さを忘れない安田顕がやっぱり素敵で、いつかじっくり聴きながら語りたいなあと思っています。いち推しはチャックと西クンのテーマだよー。

CUE DREAM JAM-BOREE 2016「仲間」~親愛なるあなたへ。CD

CUE DREAM JAM-BOREE 2016「仲間」~親愛なるあなたへ。CD

*1:これを聞くたびに(トニセンの always お返しするから無印も歌ってくんないかしら)という気持ちになります。いや、トニセン版もそれはそれでいいもんなんだけど!

*2:登場時にチャックの肘がギターのネックにぶつかり「後でちゃんと謝るけど……ごめん!」ってなって「(ギターのチューニング直しに)おう、行ってこい行ってこい!」ってなって、音尾くんはけて、客席からざーんねーん言われるシゲさん絶好調でした。おかげで森崎先生が時間の帳尻合わせることに……。