そのうち笑い話になるさ

得意分野は土曜の夜、日曜の朝です。

ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス 完成披露舞台挨拶 感想

グリスVシネ完成披露舞台挨拶に行ってきました。
自分にとっては、おそらく最後のビルドイベントです。

livvvvvve.hateblo.jp

クローズVシネで成仏できなかった魂が、最後の祭りでいよいよ天に旅立ちます。ばちくそ長い、ネタバレだらけ、感想にもならないような自分用の備忘録です。レポートはいつも、忘れ行く自分との戦いだ。記憶違いがあったらごめん。また、上映後にお話しさせていただいた皆さま、本当にありがとうございました。最後のイベントで、忘れがたい思い出になりました。またどこかの機会にご挨拶ができる日を、心待ちにしております。

続きを読む

カノトイハナサガモノラ 考察

f:id:livvvvvve:20190814130542j:plain:w200

再度の観劇を終え、ガチで挑む、カノトイ自己流解釈。買ってぱらりと捲ったきり満足してしまっていたパンフレットのインタビューも、この機会に改めて熟読してみたわ。先入観なしに自分の考えを整理するため、他の方の考察はあえて読まずに挑戦している。書き終えたら思う存分、覗きに行きたい。うろ覚えの箇所もあるので、実際の時系列や台詞と異なるだろうけれど、そこはまあ、ニュアンスで。

初見の感想はこちら。
livvvvvve.hateblo.jp

ちなみにわたくし、未だタイトル「カノトイハナサガモノラ」うろ覚えです。

続きを読む

カノトイハナサガモノラ 雑感

f:id:livvvvvve:20190804150109j:plain:w200

いまだにタイトルが覚えられねえ。
(カノトイハナサガモノラ、です!)


実に2年越しのV6記事です!
やぁやぁおひさしぶり、じきどうです!

いや、ブログを見返してびっくりしたけれど、2017年のTWENTIETH TRIANGLE TOUR、通称TTT『戸惑いの惑星』から、けっこう間が空いたのだね。時が経つのは早いわあ。

そんなわけで参上しました、TTT2。
実はまた来週も参上しちゃうよ、TTT2。


livvvvvve.hateblo.jp


あんまりにも好みの筋書きすぎて、しばらくの間ときめきを隠せぬまま壮絶な考察を展開した前作TTT『戸惑いの惑星』は、“本当にトニセンが好きな人たちが楽しく作ったボーナスステージみたいな舞台”と感じたのですが、今作も負けず劣らず、“トニセンというアイドルを応援してきたひとに向けてのごほうびみたいな舞台”と感じました。


熱いうちに、ネタバレ込みの感想を。
今作はわりと、考察関連さっぱりめ。

続きを読む

映画 GOZEN-純恋の剣- 公開記念舞台挨拶 感想

ビルド代表戦の平行世界こと、映画GOZEN。

f:id:livvvvvve:20190707202930j:plain:w200

クローズVシネのとき、これでほんとに最後の祭りだと思っていたのですが、ご縁があって公開記念舞台挨拶に行ってきました。犬飼武田の一騎討ち。実質、万丈が来ない代表戦。とあらば、名もなきビルドファンとして、見届けないわけには参りません。じっくり二度、見届けまして、徒然なるまま感想文など残しておきます。

自分は映画GOZENを「シリアスの皮を被った外連味たっぷりトンチキ映画」と受け取ったので、シリアスに受け取った方とは相容れないと思います。ご注意ください。決して、つまらなかったわけではありません。むしろ東映特撮好きにとっては、かなり楽しめるエンターテイメントになっていたのではないかなと思います。

続きを読む

バディものとしての仮面ライダービルド 感想

Be The One(DVD付)

Be The One(DVD付)

平成最後の夜には仮面ライダービルド最終回のラストシーンを流し「戦兎!→♪テーレーレレレー→万丈?」と、Be The OneをBGMにしながら令和を迎えてやりました。そしてソッコー寝ました。引き続き元気にビルドロスです。よろしくお願いします。

GWは平成ライダー200話一挙放送を見届け、犬飼くんのドラマも見届け、そうこうしているうちに平成ジェネレーションズFOREVER円盤の発送通知が来たので、手元へ届く前に改めて、戦兎と万丈の好きなところをまとめておきたいと思います。

めちゃくちゃネタバレするからよろしくね。

続きを読む

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 公開記念舞台挨拶 感想

いいところも当然あるよ、でも、それを上回るツラさが、精神をぼこぼこにしてくるんだ。いつものVシネにありがちな制約が、ことごとくビルド新世界と相性が悪すぎた。制作陣、たぶんそこまで深く考えて創っていない。そんな気がします。円盤は来るから、落ち着いた気持ちで観て、感想が変わるかもしれません。

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 完成披露上映会 感想 - そのうち笑い話になるさ

って言ってたのはどこのどいつだ!?

そう、所詮、私は名もなき東都民……。
熱い手のひら返しは得意なんだよ(金尾声)

というわけで、これでほんとに最後の祭りな舞台挨拶、行ってきました。仮面ライダービルドのオタクとしての人生を全うして燃えつきた。あまりに仲良し家族状態なキャストのお話の威力がすごい。とても好きなものを好きじゃなくなるのって辛いじゃないですか、試写会で終わりにしなくて本当に良かった、やっぱりビルド大好きだって確信したわ。めっっっちゃ楽しかった(ちょろい!)



舞台挨拶を経ての考察とレポートです。

  • 舞台挨拶で気持ちが救われたこと
  • 改めて考えるクローズVシネの物語
  • 舞台挨拶で印象に残った内容レポート
  • 制作側の都合ということ(2/25追記)

なにはともあれ、ビルドキャスト、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。楽しい一年間+αをありがとうございました!!!

続きを読む

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 完成披露上映会 感想

クローズVシネ完成披露上映会、潜入してきました。

※劇場未公開作品のネタバレを含みます。観賞後の閲覧をおすすめします。演出や殺陣、ビルドキャストはいつも通り良かったけれど、全体的にかなり批判寄りなので、注意してくださいね。(追記あり)

続きを読む