そのうち笑い話になるさ

得意分野は土曜の夜、日曜の朝です。

映画 GOZEN-純恋の剣- 公開記念舞台挨拶 感想

ビルド代表戦の平行世界こと、映画GOZEN。

f:id:livvvvvve:20190707202930j:plain:w200

クローズVシネのとき、これでほんとに最後の祭りだと思っていたのですが、ご縁があって公開記念舞台挨拶に行ってきました。犬飼武田の一騎討ち。実質、万丈が来ない代表戦。とあらば、名もなきビルドファンとして、見届けないわけには参りません。じっくり二度、見届けまして、徒然なるまま感想文など残しておきます。

自分は映画GOZENを「シリアスの皮を被った外連味たっぷりトンチキ映画」と受け取ったので、シリアスに受け取った方とは相容れないと思います。ご注意ください。決して、つまらなかったわけではありません。むしろ東映特撮好きにとっては、かなり楽しめるエンターテイメントになっていたのではないかなと思います。

続きを読む

バディものとしての仮面ライダービルド 感想

Be The One(DVD付)

Be The One(DVD付)

平成最後の夜には仮面ライダービルド最終回のラストシーンを流し「戦兎!→♪テーレーレレレー→万丈?」と、Be The OneをBGMにしながら令和を迎えてやりました。そしてソッコー寝ました。引き続き元気にビルドロスです。よろしくお願いします。

GWは平成ライダー200話一挙放送を見届け、犬飼くんのドラマも見届け、そうこうしているうちに平成ジェネレーションズFOREVER円盤の発送通知が来たので、手元へ届く前に改めて、戦兎と万丈の好きなところをまとめておきたいと思います。

めちゃくちゃネタバレするからよろしくね。

続きを読む

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 公開記念舞台挨拶 感想

いいところも当然あるよ、でも、それを上回るツラさが、精神をぼこぼこにしてくるんだ。いつものVシネにありがちな制約が、ことごとくビルド新世界と相性が悪すぎた。制作陣、たぶんそこまで深く考えて創っていない。そんな気がします。円盤は来るから、落ち着いた気持ちで観て、感想が変わるかもしれません。

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 完成披露上映会 感想 - そのうち笑い話になるさ

って言ってたのはどこのどいつだ!?

そう、所詮、私は名もなき東都民……。
熱い手のひら返しは得意なんだよ(金尾声)

というわけで、これでほんとに最後の祭りな舞台挨拶、行ってきました。仮面ライダービルドのオタクとしての人生を全うして燃えつきた。あまりに仲良し家族状態なキャストのお話の威力がすごい。とても好きなものを好きじゃなくなるのって辛いじゃないですか、試写会で終わりにしなくて本当に良かった、やっぱりビルド大好きだって確信したわ。めっっっちゃ楽しかった(ちょろい!)



舞台挨拶を経ての考察とレポートです。

  • 舞台挨拶で気持ちが救われたこと
  • 改めて考えるクローズVシネの物語
  • 舞台挨拶で印象に残った内容レポート
  • 制作側の都合ということ(2/25追記)

なにはともあれ、ビルドキャスト、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。楽しい一年間+αをありがとうございました!!!

続きを読む

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ 完成披露上映会 感想

クローズVシネ完成披露上映会、潜入してきました。

※劇場未公開作品のネタバレを含みます。観賞後の閲覧をおすすめします。演出や殺陣、ビルドキャストはいつも通り良かったけれど、全体的にかなり批判寄りなので、注意してくださいね。(追記あり)

続きを読む

平成ジェネレーションズFOREVER 戦兎と万丈に係る考察

ひさしぶりにビルド組を観られるってんで、張りきって初日初回に劇場へ行って参りました。

ここのところ特撮アカウントをフォローしてもらう機会も多く、前提として簡単に自己紹介しますと、平成ライダーにはクウガとアギトの頃から触れてきたけれども一時期離れ、大人になってからブレイドにとち狂い、そこから全シリーズ制覇して、好きな作品も苦手な作品もあります。現在は、ただただ仮面ライダービルドが大好きなオタクです。

概ねビルド勢、もとい戦兎と万丈の関係性に大注目した感想を書いております。

さて平ジェネFo、個人的な印象としては、

・3割ビルド(戦兎と万丈それからカズミン)
・3割電王(フータロスとU良太郎)
・2割ジオウ(A判定ソウゴと3点ツクヨミゲイツ)
・1割クウガとかWとかティー
・1割そのほかライダーの皆さん

平成ジェネレーションズ集大成、と見せかけた、ジオウビルド電王主体の、良い意味でのお祭り映画。仮面ライダーの歴史云々……なんて語れる身ではありませんが、それでも、かなり楽しめました。クウガ*1とW*2は、豪華なおまけかな。クウガのバイクアクションがとってもカッコ良かった。あれにもっと時間割いてくれてもうれしかったなあ。

*1:2000年の遺跡の場面だけ、取って付けたようにクウガ演出が入るのが面白かった。

*2:そうか、呼べなかったのか……。

続きを読む

仮面ライダービルド ファイナルステージ 東京公演雑記

尋常でないほどハマりにハマった仮面ライダービルド。劇場版、そして本編最終話と怒濤の展開が続きましたが、ファイナルステージまで見届けたら、自分の中で意味合いが変化してきたところもありました。そのため、ファイナルステージのショーを振り返りつつ、現状での考察をまとめておきたいと思います(最終的な総括は、平ジェネFoとVシネクローズと小説版を終えたら書く予定。)


ちなみに、本編最終話までの感想はこちら。
livvvvvve.hateblo.jp


仮面ライダービルドファイナルステージに行ってきました。
13日昼夜と14日朝公演。予想以上にむっちゃ楽しかった!!!


内容としては「二次創作より二次創作」で「出せる限りのガワと名台詞のてんこ盛り」で紛うことなき「仮面ライダービルド第50話(時系列的には第48.5話)」でした。あい変わらずエボルトしつこすぎなところも、戦兎と万丈の茶番劇も、仲間たちの掛け合いも、なんにも変わりないいつものビルド。本当にありがとうございました。

続きを読む

仮面ライダービルド後半の感想

livvvvvve.hateblo.jp
続きです。

(6月以降~最終話+ジオウまでの感想)
(公開・非公開ツイッターの内容まぜまぜ!)
(まさにリアルタイムな心境変化の記録用!)
(どうでもいいうえ歴代記事の中で一番長い)

続きを読む