読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのうち笑い話になるさ

得意分野は90年代の土曜9時ですが、22年目の話題にもできる限り迫っていく所存です。

新・俺たちの旅 Ver.1999 第三話

*第3話*




アンティム二階に住む中国人留学生・ワカメが友達になる話。原作ワカメは東大目指す日本人だったので、これまた大幅な変更です。日本人と上手く友好関係が築けず、初期ワカメは無表情でちょっと怖い感じで、実に上手なチューヤン。私の中では彼は永遠に「カミセン4人目の男」です。

再就職を目指すグズ六さんの履歴書が出てくるので住所やら誕生日やらの設定が丸わかりになりました(昭和53年5月18日生まれ、なのだそうだ←あれ、いのっちとニアミス!笑)(提出日は平成11年7月28日……なるほど)たぶんあれ本人の字じゃないな、断然達筆だし、クセが違う気がする!

自分はこれから面接だってのに呑気に幸せそうに絡まって寝てるカースケ(半裸!)とオメダ(パジャマ!)を見て、グズ六が足の親指と人指し指を使ってカースケの鼻をつまむのが器用というかなんというか、そのまま足でほっぺをペシペシやるのが微笑ましいです。なんだかんだで無理に起こさずそのままにしておくグズ六さんの優しさ。

カースケ(と、大五郎)なんであんなに卓球好きなのか(しかも無駄に強いのか←大五郎が弱いだけという説もあり)この設定、わかんないっすね~。もりたさん中国の先生に卓球ちゃんと教わってたんだったね。10周年付近のガコイコで話が出て思わずニヤリとしちまったぜ^_^

カースケが女を連れ込んだ(笑)せいでノリコさんにあらぬ誤解を受けてしまい、めっちゃ怒って二人を追い出そうとするグズ六(「それで万事丸く……」と「出てけや」って台詞の間がどうしても気になってしまうのだ、あとワンテンポ早く被せてほしかった)「行くぞオメダ。どーせこんなやつ友達でもなんでもねーんだからよ」って、カースケに言われるとツラい。「単なるいつもの見栄じゃねーかよ。困ってる人間助けるふりして、優越感楽しんでたりもしたんだろ」痛いとこ突かれました。目を反らすグズ六の表情がよい。で、カースケも、どうも、グズグズして問題を先延ばしにしてるグズ六のためにわざと強く当たったっぽいんだな。「恋も親切も気持ちが先なんだよ。カタチから入ってんじゃねーっつうの」熱くて素敵な台詞を残し、二人は部屋を出てっちゃいます……ケンカ別れ(っていうかオメダは完全にカースケのとばっちりですけど)

アンティムの空き部屋に住まわせてもらおうとするカースケとおまけのオメダですが、ワカメに卓球でこてんぱんにされて、アンティム居住計画はお流れになってしまいます。ノリコさんのため&怒った勢いで二人を追い出したグズ六さん。その後でノリコさんに宛てて書いてる長い長い反省文は、きったない字で(笑)、ちゃんと自分で書いてるなこっちは。“この先あの二人がどうなろうと私には一切かかわりのないことです。たとえ泣きついてきても二度と部屋に入れることはありません。私は紀子さんがいてくれればそれだけで”←ああもうキザ!と、なかなか勇ましいこと書いてる(笑)くせして、荷物を取りに戻ってきたオメダをものすごぉぉおくうれしそうに迎え入れるけど「どーせ戻ってくると思ってたけどな」とか、偉そーに(笑)。すぐに出ていこうとするオメダにガッカリ&心配で心配でしょーがない。

(゚ー゚)「野宿ぅ?おまえいくら夏だからって風邪引くぞ?それに、強盗に殺されたりしたらどーすんねん」
(・△・)「まさか(苦笑)」
(゚ー゚)「……しゃーないな。今日、泊まってけや」←つーか泊めたくてしょうがない
(・△・)「……えっ、でも、」
(゚ー゚)「しゃーないやろ!泊まってけって」
(・△・)「ほんとにいいんですか!」
(゚ー゚)「だぁ~いじょうぶ。ノリコがなんて言おうがここは俺が借りてる部屋やからな。誰泊めようが文句は言わせへん!」

でも今夜は電気つけないで、ひそひそ話で盛り上がろうって、やっぱりノリコさんに見つかりたくはないグズ六さん(弱)。んで、

(゚ー゚)「やっぱオメダやなぁ~♪、それに引きかえあのアホは……あんな、ここだけの話、俺あいつめっちゃキライやねん。なにがキライって顔がキライ?」

↑顔がきらいだったのかー!!!(笑)、次の瞬間、なに、俺の顔がどーしたって?ってへらへら戻ってきたカースケとも、結局何事もなかったかのように部屋で話し込んじゃう。えーまだ別れてから丸一日経ってないのに!? あの熱いケンカはなんだったんだ! 男同士ってこういうとこさっぱりしてて、ほんとうらやましいなぁ^_^

(いま改めて見ると、オメダ(・△・)に対してものすごく上から目線で偉そうにしてるグズ六(゚ー゚)が斬新で仕方ありません)

カースケによる夜這い指南のコーナー。PU-PU-PU-8話と完全に立場が逆転してるところがすごいんだぜもりたおかだ。オメダをノリコさん役にして寝込みを襲うグズ六さん。BL要員(゚ー゚)はPU-PU-PU-からの伝統行事なのか?(笑)、女性役のオメダが情事後に髪を整える仕草、妙に艶っぽくてそれっぽいっ!

無論夜這いは失敗し、今度こそ完全に部屋を追い出される三人。行くあてもなく、またアンティムへ……行くと、なんと日本での生活に失望したワカメがガスで自殺未遂。「死ぬならひとりで死ね、他のもんまで巻き込むな、ここ(アンティム)は俺の大事な場所なんだっ!」ってキレるカースケにキュンってしちゃってるおっちゃんがナイス!

あの道(@一話)をカースケと家財道具一式乗っけたリヤカー引いてるグズ六さん……この構図がもう涙が出るほど最高に好きだ。青春だなぁ。二人でオメダ(・△・)の優しさについて、どんだけ優しいかについてしんみり語ってんのがまた……ワカメを気にかけてずっとずっと部屋の外で様子を見てあげてるオメダ。また自殺しそうだってあわてて窓側から侵入してやめさせようとする→落っこちて頭を強打→病院送りで包帯ぐるぐるドジっコオメダ。まさに体を張った命がけの優しさが、とうとう、ワカメにも通じます……どこまで優しいコなんだ、うわぁぁあん!

血豆が潰れるまでラケット振って猛練習&窓ガラス破戒スマッシュを修得したカースケ、曰くこれが「ザ・大和魂」なぜか店の窓ガラスを割られても怒らない寛大すぎる大五郎&ナミちゃん(笑)。はっ、まさか自殺騒動のときのカースケによるアンティム愛してる発言がここで効いてるのかっ?

とうとう卓球対決でワカメを倒しました。カースケ(仝_仝:*)をぎゅうぎゅう抱きしめながらグズ六さん(゚ー゚*)「おまえかっこよかったぁぁあ!おまえは美しいぞぉ!だっこしてやる!」ってどんな誉め方なんだそりゃ、なんだけどこのときの(゚ー゚*)が妙と吹っ切れてて最高に愛しい!(笑) いまいちピンと来ない方は学校へ行こう弓道ロケで森田さんが的中したときの喜びの抱擁を、過激にした感じだと思ってください。

ワカメはオメダとの友情に免じて、三人が隣の部屋に住まうことを認めます。ともかくvsワカメな卓球の雪辱戦に勝ち、晴れてお隣さん(アンティムの二階の住人)となった三人。盛り上がってツイスターやってるシーン、素ですね。おかだに負かされてブーブーつっかかる健ちゃん(笑)

食堂アンティムの暖簾ちょー欲しい。

ここからです、ここからが私がV6に転がり落ちたハイライト! グズ六さんはノリコさんから呼び出されて(そのとき食堂の看板におでこぶつけてんのがマヌケで最高にかわゆい、)「戻ってきて」って、これまでひとりで住んでいた離れの鍵を渡されるんですね。ひとりで離れに戻るけど、なぜか二人のことが忘れられない。結局その晩のうちにアンティムに戻ってきちゃうんだよ。しかも、暑がって寝苦しがってる二人のために、明け方、自分の部屋から扇風機を持って汗だくになりながら走って戻ってきちゃうんだよ←ここで急に大きくなるBGMの演出がたまらない。コンセント刺してスイッチ入れて、寝ている二人に風を送ってやる。

(仝_仝:)「……きんもちいぃー」
(゚ー゚*)「(↑を見て、ちょーうれしそうに)気持ちいいか?気持ちいいか?」
(仝_仝:)「……キムチもはさんで~」
(゚ー゚)「…なんの夢見てんねん……」

朝が来て、グズ六さんは爆睡してて全然起きなくて二人に呆れられてるっていう、明け方のことが知られてないっていう“まったく報われない”とこも含めてすごくいい……!!!

ノリコさんがちょっとかわいそうかな?とも思うけど、彼女も彼のそういうとこに惚れたんだと思うし。決して恋愛>友情にはならないような男性には、すごい憧れるんだ。こういうのが笑って許せる女性になりたいと思う。

エンディングは、オメダのおかげで明るく前向きになったワカメの笑顔がいいです。バイト先で料理長?に怒鳴られたとき、三人に出会う前は自分がひとりぼっちだと思いこんでたから何も言わず淡々と仕事をこなすだけだったのが、最後の場面では、同じように怒鳴られても「ありがとうございます。いつもいつも見ててくれて!」この変化、いいな。例え誰かに嫌なことをされても、こういう考え方ができるって素晴らしい。見習うようにしています。


“男はいつも「居場所」を探す旅をしているのです”


天の声「いかがでしたか。次週は、カースケの前に現れた、夢追う中年サーファー。その悲しい現実にショックを受けたカースケは、ついに就職を決意するのだが……どうなることやら?」


ところでこの回は次回予告の後にCDプレゼントのお知らせがありました。なぜかアンティム二階の窓の外、落下防止の柵に必死の形相でぶら下がってる三人。三人の上で呑気にぶらぶら揺れてる洗濯物もそれらしくて微笑ましいんだぜ。それに被せて流れてくるPVのトニセン映像←くるくる回るいのっちの辺り←ここ重要

(仝_仝:)「新俺たちの旅の主題歌、ぼくたちブイシックスの歌う」
(仝_仝:)(・△・)(゚ー゚)「太陽のあたる場所!!!」
(仝_仝:)「抽選で100名の方にプレゼントします!」
(・△・)「ご覧の宛先までご応募くださ、あ゛ー!」←落下
(゚ー゚)「来週月曜日の消印までゆうこお゛ー!」←落下
(仝_仝:)「また来週、ぅあ゛ー!」←ちょっとセクシー←そして落下

↑セットなので三人とも最初っから地に足ついてるんだぜ!!!(笑)



2011追記※食堂アンティム=原作での食堂いろは。二階がたちばな荘。坂田兄妹は原作では親子。ガス自殺狂言からオメダのケガのくだりは原作7話まるっきりそのままですが、3人で見張ってたり、カースケが川に落とされたり(川で自殺未遂の件は新作7話に使われます)変更点があります。そしてもちろん原作では卓球対決などやりません。季節は冬。グズ六さんが持ってくるのは扇風機ではなく布団です。