そのうち笑い話になるさ

得意分野は90年代の土曜9時ですが、22年目の話題にもできる限り迫っていく所存です。

19周年

V6でいるとき、メンバー同士の会話における6人の声のトーンというのは、特にラジオという媒体を通して聴くと「V6ネクストジェネレーション」あるいは「カミセンミュージアム」のときから全然変わってないなあ!超なつかしいカミセンだわこれ!と変なとこ感心してしまいます。健ちゃんに話題振りするオカダの声が、完全にカミセンのオカダなのだわ……誰も抜けず、追加をせず、変わらぬ関係性のまま迎えた19周年。思えば今年はV6のご活躍的に大変意義ある年でした。地味ながら堅実なお仕事をしてくださるので新たなファン層も増えているらしく、喜ばしいことです。ご当人さんたちの心意気から察するに来年はもっと良い年にしてくれそうなので、今からとっても期待しています。来年20周年の瞬間は、何らかの形でファンの方々みなさんとこれまでを振り返り語らいつつ、カンパーイ!みたいな感じで迎えてみたいものです。目指せ“アメトークV6大好き芸人”最終的にはみんなで「Wonder World」だか「Walk」だかを合唱します。そういう妄想。それにつけても、良かったねうれしいね!という気持ちを誰かと共有できるという点において、インターネットってのは素晴らしいツールだと感じます。日頃の交流、ご愛顧、ありがとうございます。本当に元気をもらっています。また1年、よろしくお願いいたします!