そのうち笑い話になるさ

得意分野は90年代の土曜9時ですが、22年目の話題にもできる限り迫っていく所存です。

考えたこと

未満都市2017を見たよ

ぼくらの勇気 未満都市2017 [Blu-ray]出版社/メーカー: バップ発売日: 2017/12/06メディア: Blu-rayこの商品を含むブログを見る未満都市の名物、がばがばゲートは2017年も健在だった……— じきどう (@jikido_t) 2017年7月21日 みんな、あの、幕原名物がばがば…

V6「Can't Get Enough / ハナヒラケ」

Can't get enough(初回A盤) きゃんげな。10年前の自分に「V6の曲やで」つって聴かせても簡単には信じなさそうな、攻めた曲。ほとんど洋楽、って感じなんですけどほんとにお洒落だよねぇ、これがハナヒラケと両A面の2017年リリースとか、振り幅ありすぎてて…

さよなら 2016  おはよう 2017

あけましておめでとうございます。 今年も一年、よろしくお願いします。紅白ではWAになっておどりあげてからのハニーがビートしていて、2曲も歌わせていただけるとは恐縮の限りだったし(ところで最も私の心を持ち去っていったのはシン・ゴジラ中継で迫真の…

反乱のボヤージュ

人生を変えられた作品、が、あるだろうか。自分にとってのそれは連続ドラマ部門なら「新・俺たちの旅」であり、単発ドラマ部門なら「反乱のボヤージュ」である。急にそんなことを思い出したのは、ある本を読んだことがきっかけだ。きみに贈る本作者: 中村文…

V6大好き新参子NACSが選ぶ本公演3選

真夏の「TEAM NACS特集」をWOWOWライブでまたやるそうなので、これまでに映像で観させてもらった本公演のうち、V6好きにもおすすめしたい3作品を選んでみました。いつか生で観てみたいものだなあ。真夏のTEAM NACS特集 #wowow https://t.co/GJTJEDN…

SMAPの解散

SMAPが解散する。たまにテレビでお見かけする5人には、もはや痛々しさを感じるばかりだったのだけれど、それでもやっぱりこの字面を速報で見てしまうとどうしたって、胸がざわざわする。今度ばかりは、ほんとのほんととして、ニュースが流れている。だって2…

V6「Beautiful World」

さあ、フラゲで手に入れていた「Beautiful World」です。やって参りました雑誌露出週間。今年はこれが最初で最後と思いますので、とりあえず6人表紙のものは一通り網羅してきたつもりです。感想などは余力があれば。TVガイド強し。(泣きながら)「PU-PU-PU…

V6なの? NACSなの? どっちが好きなの!

月ガイ月ジョンテレナビの三点セットを買いにコンビニ寄ったなら、アイスのショーケースに誘惑されて、悩んで悩んでダイエット中なのを思い出してグッと我慢したのな。そしたらレジで、くじを引かされて、アイス当てたんだ。今日はいい日だ!— じきどう (@ji…

木曜の怪談の思い出

木曜の怪談97'の再放送がやっていて、懐かしくて泣いてる。悪霊学園とかさあ、妖怪新聞とかさあ、怪奇倶楽部とかさあ、もっと言ったら映画「学校の怪談」とかさあ、ぬ~べ~全盛期ですよ。TOKIO長瀬とV6岡田ですらせっせと悪霊退治やってた時代ですよ。*1何…

TEAM NACSは なぜ終わらないのか? ~V6との共通性を探る~

Cut 2015年 09 月号 [雑誌]出版社/メーカー: ロッキングオン発売日: 2015/08/19メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るいやもうマジで無理だって、ふざけんなって、だって公式で5人に「TEAM NACSが終わる時」を語り合わせちゃうだなんて、あまりにも素敵…

ラブセンという愛の罠

ゲームとして面白いとは思わないけど、よくできてるよね。 みたいな、話。スマホ画面出すと、ついついいじっちゃう。www.oricon.co.jpジャニーズ初(どころか国内アーティスト初、だっけ?)の実写版恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」賛否…

岡田の反抗期、という苦い記憶

仮に、主演するすべての作品に精通していなければV6ファンと名乗れないならば、自分は一生、V6ファンにはなれそうもない。ホールドアップダウン 初回限定版 [DVD]出版社/メーカー: ジェイ・ストーム発売日: 2006/04/26メディア: DVD購入: 2人 クリック: 24回…

ゼロからキミになればいい

ビーユアセルフ終わりに6人がマイクを置いて、V6ファンがすべてを察したところが最高潮に面白かった。マジ尊い(まだ言ってる)— じきどう@夏休み (@jikido_t) November 24, 2015ベスアー2015から一夜明け、正直、まさかまさかのビーユアセルフでバク転より…

「伊野尾が無礼すぎる」考察

V6 LIVE TOUR 2007 Voyager -僕と僕らのあしたへ-(初回限定盤) [DVD]出版社/メーカー: エイベックス・エンタテインメント発売日: 2008/02/13メディア: DVD購入: 1人 クリック: 58回この商品を含むブログ (49件) を見るV6ツアー2015が無事に開幕したようで、…

放送終了2秒前に懸ける男

今夜のMステ曲前トークは三宅健がフィーチャーされ、長野博=ウルトラマンティガ話も出て特撮好きとしても満足でした。期待を裏切らない「放送終了2秒前に懸ける男」三宅の健ちゃん。最後までチャンネルを変えさせないため考えて工夫した結果、タモさんに5…

SONGS「V6 ~僕らが歩んだ20年~」

本日は新俺旅トークをお休みしまして、V6が20年を振り返った番組「SONGS」などを観て感じたことを書き残しておこうと思います。今、昔のこと思い出してる最中なので、ちょっと偉そうに見えたらごめん。しっかし、いいな~私もパンダ持って馳せ参じたかったな…

新・俺たちの旅 Ver.1999

V6にハマるきっかけとなった昔のドラマについて、心底熱くそしてウザく語り尽くすだけの自己満足記事です。それも全11回。このV6供給過多の時代にですよ、今さら誰も求めてないと思うけど、考えてみればもともとこれがやりたいがためにこのブログを開設した…

新曲「HELLO」に想うこと

ちょっと変なはなしをしてもいいかな。 とんちんかんなこと言ってたらごめんね。@jikido_t SVb新曲の3曲は自分の中で、 「wait for you」はV6の未来を、 「~此処から~」はV6の現在を、 「HELLO」はV6の過去を表していて、 どれもがそれぞれ感慨深くて愛お…

V6とメンバーカラーの話

V6くじをとっても楽しみにしています。十云年V6V6言ってきて、まさかコンビニくじでV6ものに出会える日が来るとは思っていませんでした。(ただ現時点では、ひょっとすると企業ぐるみの盛大なドッキリという可能性もありますし、田舎すぎて波が届かないパタ…

SINCE 1995 ~ FOREVER

SINCE1995?FOREVERアーティスト: V6,Coming Century出版社/メーカー: エイベックス・トラックス発売日: 1996/08/05メディア: CD購入: 1人 クリック: 5回この商品を含むブログ (33件) を見る20周年ツアータイトルがファーストアルバムタイトル。 あまりに粋で…

「解散」を選ぶのは簡単だ

・当人たちからしてみても「解散(脱退)」は最も安易な選択肢である ・「解散」を選ばなかった背景にはヒビの修復や話し合いなど陰の努力がある ・全員が続けるための努力をしているが特に「リーダー」の存在は重要であるなるほど、なるほど。TOKIO、解散危…

V6における剛健の意義

ザテレビジョンCOLORS VOL14出版社/メーカー: KADOKAWA/角川マガジンズ発売日: 2015/05/08メディア: 雑誌この商品を含むブログを見る20周年に入り、あからさまにV6の露出が増えた。 もうずいぶん長いこと彼らを見てたV6好きとしては、喜ばしい限り! これを…

なんてことのない話

弁当とかに輪ゴム付いてくるじゃないですか。坂本くんは、なくなんないように1回手に通すの。で、食べ終わったあとに戻すの。たまに忘れちゃって、2本のうち1本残ってたりとかね。 (仝_仝:)一日たっても付けっぱなしだったり(笑)。 (・△・)血止まるぞ!ってい…

カミセンという三角関係

an・an (アン・アン) 2015年 2/11号 [雑誌]出版社/メーカー: マガジンハウス発売日: 2015/02/04メディア: 雑誌この商品を含むブログを見るアンアン買ってきて読んだ。燃えた。 萌えたんじゃない。カミセン熱が燃えたのだ。三宅健が本当に話を聞いて欲しいの…

仮面ライダー剣 ドラマCD ~切り札の行方~

コメントありがとうございました。綴ることについて深く考えさせられると共に、感謝の気持ちでいっぱいになりました。マイペース更新ですが今後とも、何卒よろしくお願いします。 V6とは少しばかり逸れた話をします。無関係ではないけど。 ドラマCD「仮面ラ…

なきにしもあらず散文

おもしろい文章が書けなくなっている。ちなみにここでいうおもしろい文章というのは、上手い下手ではなく、あくまで自分が後から読み返して、このときは阿呆だったとか、このときは冴えていたとか、そういう感想の持てる個性的で痛快な文章のことだ。他人か…

#お前らがV6ファンになった理由を晒せ

V6に堕ちた理由を訊かれたら「オカダが扇風機持って走ってきたせいです」と正直に答えることにしている。 ※どこどこ追記中です。思い出したらより詳細に語らって参ります。 我がV6との馴れ初めは、端的に言うと99年の夏「新・俺たちの旅 ver.1999」におけるカ…

V6「涙のアトが消える頃」初回Bを考える

まずは、メンバーはじめスタッフ関係者の皆さん、新曲を作成してくださり本当にありがとうございます。なんにせよひとつの作品イメージを作り出し売り出すというのは非常に骨の折れる仕事で、皆さんのたゆまぬ努力のおかけでV6が20年近く成り立っているのは…

V6がデビューしてから6666日が経ちました

6666日ぶんの笑いと涙と安らぎと。決して平坦じゃなかった途方もない道のりを、六人それぞれ、一瞬だけでもこの日付を意識し振り返る瞬間のあった今日だったなら、それだけでうれしいですねえ(トニセンは確実な気がするな。健ちゃんもわかってるだろう。あ…

カミセン考察

振り返って思うことについて。カミセン論。 過去の日誌から抜粋と修正を行っています。(発掘できしだい随時、加筆の予定)

はじめに

あーあーあー。 じきどうと申します。 ひさしぶりにブログを開設してみました。 ブイシックスが大好きなアラサー社会人です。 普段は、モバイル端末向けブイシックステキストサイト管理人をしています。 メインで語りたいのはみんな大好きブイシックス。以前…