そのうち笑い話になるさ

得意分野は90年代の土曜9時ですが、22年目の話題にもできる限り迫っていく所存です。

さよなら 2016  おはよう 2017

あけましておめでとうございます。
今年も一年、よろしくお願いします。

紅白ではWAになっておどりあげてからのハニーがビートしていて、2曲も歌わせていただけるとは恐縮の限りだったし(ところで最も私の心を持ち去っていったのはシン・ゴジラ中継で迫真の演技をする武田アナである。もう、武田アナ、好き……)カウコンではヒガシとトニセンの仮面舞踏会が素晴らしかった。年齢の呪いなど受け付けない四人の台宙、無茶苦茶よかったっす。ありがとうございます。

きっと一連の騒動は、こうやって、お祭り騒ぎに紛れて、風化していくのだろう。
(以下、2016年末に上げた記事の再録。無駄に長い。与太話の切り貼りです。)

続きを読む

TEAM NACS XX LIVE VIEWING

f:id:livvvvvve:20161126074520j:plain
あああフォトダイ、パイプ椅子が嫌でソファー取り合う大人げないシゲと音尾くんが密着してカメラ目線で…………たとえいくつになろうと変わらずやってるあの様子を見せられただけで(お布施してきてよかった!!!)ってなれる自分ちょろすぎ。“LINELIVE直前の森崎さんと戸次さん”も最高に最低で最高だった。寝てるモリを前にチャンスとばかり脱ぐシゲと、嬉々としてスマホ構える音尾コンビが目に浮かぶ至高の一枚。サービス精神旺盛すぎるがゆえ、誰もそこまでやれと言ってないことに全力かける戸次さんの生き様マジで好き。これは応援したくなっちゃうもの。あんなのずるいもの。

“気を遣わなくてもいいの。すっぴんで会いに行ける芸能人。”

↑やー素晴らしい。この表現が言い得て妙で、とっても素敵なおっさん5人組「TEAM NACS XX LIVE VIEWING」に出かけてきました~、素敵すぎて、今でもちょっと夢うつつ。人生初のライブビューイングでどんなもんか緊張しておりましたが、拍手したり声に出して笑ったりと楽しく観覧することができました。でもやっぱり一度くらいは生で観に行きたかったなあ、舞台って客席の空気感も込みじゃない、そういうとこ好きなんだよねぇ。いやもう次こそは!

正しい意味でカッコよかったのはオープニングだけ、な言葉に恥じず、チョメチョメ直さなきゃとぐいぐい出てくるシゲとその股間を凝視する安田さん(これやると喜ぶんだよbyシゲ)も、宇宙人でもある音尾先輩ファイトノーカット無修正版も、週刊大泉からのマンポ安田さんも、モリの妹さんからの手紙なのに誰より泣いてるシゲも、カレー王2016も、おならしていくことしか出てこなかった森崎さんも、ほんと素晴らし可笑しかった……素敵!

ランキングは名台詞・名キャラ・名場面、どれも納得ほぼ予想通り。それにしても安田顕とHONORは強いなあ!!!名キャラなんかオナ兄かモーツァルトか芹沢でしょ、と思ってたらその通りだったもの。個人的には名台詞「これは戦争なんだ。人が人を殺す戦い@WAR」とか「でも、最後に笑ってた@FOUR」とか「おめでとう。ここが現実だ@LETTER」かな。気恥ずかしさで死にそうになる青臭い台詞が好き。名キャラ「下荒井佳代@下荒井」名場面「ゴーストバスターズ、ベーター!!!@悪童」かな。あーでも全然、考えだすときりがないな苦笑。

キングオブカレーをまさか現代版で観られるとは。やたらええ声な音尾大泉はもちろん、真面目にやる後輩組(45)とボケたくてボケたくて仕方がない先輩組(123)の対比が、たまらなく、好きで、好きで、仕方がない……這いずり出てきて台本にないこと喋り始めるシゲ、ちゃんとやろうとする姿勢が気に食わなくてしゃくれる安田、ずーん!!!と叫んで台本から目を離して台詞抜けるモリ……やーもう、たまんない。田中眞紀子で爪痕を残す大泉さんも頭の回転が早くて素敵すぎ。なんとかしてあの作品の音声だけでも発売されないべか?

オポンチニャロメ、マンポ、脱糞を。と語っていた安田さんが受け答えできるようになり「ここまでやって来れたのはメンバー4人のおかげ」と言っておりました。音尾くんは「そろそろ人生の半分がナックスに侵されてしまう」と言っておりました。森崎さん曰く「TEAM NACSは音尾が80歳になるまで、つまり40年後に解散」するのだそうです。いつまでも5人並んで笑っていてほしいと願うし、ついつい“この瞬間は永遠に存在する”というようなことも信じてしまいそうになるのだけれど、そんな風に、ふっと目を覚まさせてくれるリーダーの感覚が、私はとても好きです。

今年2回目の生“ぼくらのキセキ”を聴きつつ考えます。
ナックス解散まであと40年。長いような、短いような。

とにもかくにもひとまずは2018年に行われる本公演、一瞬タイトル(PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて)読めなくてえっ!?は、えっ!!!?つって思考がたち行かなくなりかけましたしなんなら今でも読めませんけど笑、この語感からして森崎演出っぽくて今からドギマギしています。今でも「5人で芝居やろうぜ!」ってなる感覚が、ただただ、うらやましくってしょうがない。ナックスの皆さんにはどうか健康で、できる限り長く、演劇学生の憧れの存在であり続けてもらいたいですね。

ナックスクロニクルも行きましたが諸事情によりものすごぉくしんどかった苦笑、あの長蛇の列はどうにかならなかったのかしら……何気にハッピーバッグ持って帰ってきましたけれどもね。5Dのポスターが嬉しくて嬉しくて仕方がなかったの。過去公演を観に行けたことがない新参者に大変優しい仕上がりでした。ありがとうございました。あとバッチでFOURミハルLOOSER辺りが嬉しかったなあ。大変だったけど、仲良しなおっさんたちのためならへっちゃらです。モンキーパーマの新作待ってます。できる限り、そう言い続けていたいものだなあ。

livvvvvve.hateblo.jplivvvvvve.hateblo.jp

長野博のこだわり美学

ほんとに目玉焼きで30分もたせた……。


「長野の美学」つって、おそろしく手間と費用のかかる目玉焼き調理法をばーん!と紹介されるたび「あたまおかしい……」って合いの手を入れざるをえない30分でした※もちろん全力で誉めています。あれ、つつがなく真似できるのって有閑倶楽部みたいな特級階級のひとたちだけだろっ?、なんというおロイヤル目玉焼き。いいじゃない黄身と白身が同時に熱されたって……レーザー温度計まで持ち出して無駄に科学的で、往年の大袈裟先生を地で行く感じでしたけれども。

やー、何かしらを究めたひとって見ていてほんとおもしろいね。ジャニ界の魯山人とはよく言ったものです。長野語録は増えまくるし、腹筋の話もよかったし、ナレーションが長野呼び(長野くんでも長野さんでもなく呼び捨て)なのもよかった。おかしさ引き立ててたわ。よーしよーし。ファームみたくレギュラー放送しよう。手間がかかるだろうから週一ではなく不定期でかまわないよ、長野博の不思議でおかしなこだわり番組、一般的な料理番組にはない、視聴者も若干引くくらいのやつ、どんどん世間に放出していってほしいなあ。

(食材の育て方や加工方法を習得するとか、捨てちゃう食材をもらうとかで全国を飛び回るTOKIO兄さんと、うまいことすみ分けしたものだなあ。)

マジかっけーよ長野くん。とてつもなく好きなことを、真面目につきつめて全力でやるからこそおもしろい。V6がみんな長野ファンなのも納得です。いよいよ坂本長野でめし屋*1を始めないかなあ。今ならちょっとおしゃべりな、ギャルソン井ノ原がついてくる!笑

*1:最近、深夜食堂にハマっています。1~3期と映画まで見た。

反乱のボヤージュ

f:id:livvvvvve:20161017221302j:plain

人生を変えられた作品、が、あるだろうか。

自分にとってのそれは連続ドラマ部門なら「新・俺たちの旅」であり、単発ドラマ部門なら「反乱のボヤージュ」である。急にそんなことを思い出したのは、ある本を読んだことがきっかけだ。

六人の作家が選ぶ、主に十代の若者へ向けた読書案内。
図書館で、たまたま手に取って目次を読み、思わず息を飲んだ。

作家のひとりは、朝井リョウ氏。確か、映画になって公開された作品が話題の売れっ子作家で、私も何冊か読んだことがある。そんな朝井氏の紹介した本の一冊が、まさしく、野沢尚反乱のボヤージュ」であった。逸る気持ちで頁をめくり、絶句した。そこには、2001年当時に私が感じた気持ちと、寸分違わぬ心証が惜しみなく綴られていたのだ。あの作品から、こんなにも同じ感情を受け取った人がいてくれたのか、と、その文章を読んでから数十分間、私はその場から動けなかった。

反乱のボヤージュ」は大学の自治寮を舞台に、寮生たちと、舎監をはじめとする大人たちとの交流を描いた作品だ。テーマや筋書きに強く興味がわき、当時の私もテレビにかじりつくようにしてドラマ*1を見ていた。やはり私も浅井氏のように、何か大きな力に立ち向かっていくことを夢見ていたのだと思う。大人というものを嫌悪しつつも、名倉さんのような大人に憧れた。若者たちを駆り立てた背景をもっと深く知りたくなって、ドラマの終了と同時に、父親にせがんで遠くの書店まで車を走らせてもらったことは、今でもよく覚えている。

彼らが学生寮を通じて守ろうとしたもの、闘ったものとは何なのか。
舎監としてやって来た名倉さんが教えてくれたものは何か。
大学という場で、学問以外に学ぶべきは何か。
大人とは何か、父性とは何か。

勿論、当時たかだか十代前半だった私に、ドラマや小説だけで内容のすべてを理解することはできなかった。しかし自分が今、暮らしている、この世界の見方を広げるという意味では、充分な影響を与えてくれた作品だ。物語の最後、主人公の薫平が動乱の世界を360°見渡す場面がある。私もこのシーンを、今でも、日常のあらゆる場面で模倣している。まさか自分以外にもこの作品を思い返して、真似してみている人がいるとは……、うまく言葉にならないが、とにかく、私は、うれしかったのだと思う。

ドラマでは、寮生“坂下薫平”を岡田准一、舎監“名倉憲太朗”を渡哲也が演じていた。他の配役もほとんどが小説のイメージと寸分違わぬ絶妙なもので、何度見ても唸らされる(ただし、司馬さんは除く*2。)傍観者という立ち位置が通例で、真面目で弱くて強かで、父性を知らず求めるクンペーは、あの時、あの21世紀初頭の、あの時期の岡田さんにしか出来ない、あまりにも見事すぎるハマり役だった。名倉さんと薫平が焼き芋をする場面の再現度だけでも一見の価値がある。

この作品と、恩田陸の「ネバーランド」に憧れて、繰り返し読み続けた結果、私は地元から離れた国立大学に入学を決意した。勿論、仲間たちと輝かしき寮生活を送るためだ。しかし立て籠りもせず、魔女もいない寮生活の実態は、ちっともドラマチックじゃなかった笑。弦巻寮の寮生たちより歳を取った現在の自分は、かつて自分が思い描いていた理想の大人からは程遠い存在で、ほとほと悲しくなる。それでも、いつかは、ひょっとして。いつだって、もう少し先を明るく考えて生きるのは悪くない。

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

反乱のボヤージュ (集英社文庫)

15年経ってそんなふうに思い返せる作品があることを、私は、誇らしくも幸せに思っている。

*1:2001年10月6日・7日、二夜連続のSPドラマとして、脚本家である著者自らのシナリオにより制作された。

*2:台本段階では原作通り標準語だったため、やっしーから何らかの打診があったのかもしれない。あと、配役未定だった天ちゃん役の横山裕も微妙だったか。麦太くんで初めて知った堺雅人が、ここまで出世するとは思わなかった。

戸惑いの当選メール

惑惑当落、初めて当選メールを見ました。確認日をすっかり忘れていたせいで全く心構えせずメール開いて思わず二度見。周りに誰もいないことを確かめてからうおおおおおおお(雄叫び)ひーん(感極まって泣いてる)

危うく「勝訴」と書いた紙を持って飛び出すところであった!!!


livvvvvve.hateblo.jp

(前回記事で最高潮に上がりきったテンションでトニセン舞台への思いの丈を綴ったせいか、ツイッターやメールにて祝福のお声掛けをいただくことがありました。本当にありがとうございました……皆さまにも幸あらんことを……!)


本日無事にお振込みの業務を終えましたので、ホッとひと息つきながらこれを書いております。ありがたくも2年前お誘いいただいたOTTは、自分と同じ感じでトニセン舞台に並々ならぬ思い入れがある友人が急遽来られなくなってしまい、以来 大変心苦しくあったわけですが、今回、彼女も無事ご当選なされたようでとってもうれしく思っております。いやー本当によかった。やっぱり心から行きたいという方に広く行き渡ってほしいもの!

いやーむっちゃ楽しみむっちゃ楽しみ!!!

こりゃもう時間が取れたら「東京サンダンス」と「トンカツロック」と「SAY YOU KIDS」のパンフレット&台本&当時のえんぶ等々各種資料を頭から読み直して、自分用トニセン舞台“見どころ燃えどころ”まとめをこしらえてから、襟をただして観劇に挑まねばなるまい。地味ながらも名曲揃いなト二楽曲を多用し、ミュージカル風かコンサート風か?と「戸惑いの惑星」は未だ謎の多い公演ですが、一応予習しておくに越したことないじゃない!


ちなみに、パッと思いつく惚れ込んだトニセン名曲は1997年のROADってアルバムに収録されている「Traveler」って曲だよ!

ROAD

ROAD

このアルバムは全体通して予備校に通っていたときの列車内で延々リピっていたことを思い出すから、精神的にじわじわくるよ!!!




……なんだかさー、新俺旅への飽くなき執念といい、どうも自分はそもそもトニセン・カミセン云々を抜きにしても“普段から仲の良い男性三人組が泥くさく演じる喧嘩あり涙あり笑いありの青春もの”に、憧れていて愛しくてしかたがないらしいのよね!

戸惑いの惑星への戸惑い

(神妙な面持ちで)思えば、劇団トニセンに憧れてここまで生きてきました。


V6・トニセンが三人だけの初舞台に挑む!音楽劇「TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』」上演決定 | SPICE - エンタメ特化型情報... https://t.co/5hhJwjd4sO


劇団トニセン13年ぶりの本公演うおおおおむっちゃ行きたい!!! 誰か一緒に行こうよーーー!!! 自分ウザいくらい『東京サンダンス』『トンカツロック』『SAY YOU KIDS』*1を論じられるよ!!! 見られなかったせいで憧れと妄想だけが渦巻いて台本無茶苦茶読み込んだよ!!!

なんなら、トニセン名曲集をひとりジュークボックスするよ!!!
つーか、このための“不惑”だったのかぁあああああ!!!

Replay ~Best of 20th Century~ (期間限定生産盤)

Replay ~Best of 20th Century~ (期間限定生産盤)

「オリジナル作品」で「音楽劇」で
「作・演出はG2」で*2

「3人だけの出演という初めての試み」で
「3人の自分探しの旅をトニセンの楽曲で紡いでいく」

ですってよ、もう、設定からしてこちらの息の根を止めにきてらっしゃる。40越えても自分探しの旅してんのかよーーーートニセン大好きだよーーーーそんなこと惜し気もなく言えちゃう存在が尊いよーーーっ、東京サンダンスでの、V6の大人組トニセンのイメージにそぐわぬ青臭さが大っっっ好きだった者として、不惑のおっさんたちがどんな“戸惑い”を演じるのか観てみたい!!!

脳内こんな感じで悲しいほどにざわついておりますが、このためにトニセン3人で集まる時間も増えるのかしらと思ったらそれだけでもめちゃめちゃ尊いです。個人の仕事も充実した今だからこそ、たまに集まったときくらいべったり仲良くしたらいい。ハニコンDVD特典で収録されたトニタンのうれし恥ずかしお食事会な雰囲気が大好きで、別れたあとのメールのやり取りなんか何度観たかわかんないんですが、今も3人きりにされるとあんな感じなのかなあ。現在のトニセンがどんな役柄でどんな物語を見せてくれるのか、考えただけでもわくわくしています。

livvvvvve.hateblo.jp

『ON THE TOWN』のときも一報を受けてべらぼうにうれしかったけど、今回は輪をかけてうれしくって幸せだあ。まぁ、20年近く懲りずにV6V6言ってる身としては、絶対一度はナマでこの目で観たいなと思う反面、あんまりトニセンを知らない(たとえばイノッチ単品は知ってても3人集まったときのあの雰囲気を知らない、みたいな)けれどスゴく興味がある、という層にも是非、観てもらいたいなという気持ちでおります。ね、だからさ、DVD出そう?*3



(カミセンの舞台共演も心待ちにしてる!!!)

*1:横内謙介の、いわゆる、トニセン青春三部作。リアルで地味めな作風がどツボだった。

*2:『ON THE TOWN』と、井ノ原『ハンブルボーイ』長野『フライパンと拳銃』坂本『アリバイのない天使』あと、演技者。で『グリフトの手口』もありましたね。考えたらめちゃめちゃお世話になっているなあ。

*3:トニセン青春三部作ならびにトニセン版『ON THE TOWN』は現在のところDVD化されておりません。

生温くたっていいじゃない!

にぎゃー!!! V6会報がすんばらしかったー!!!
いいよこれ、これのためなら会費も惜しくないぞ!!!
(6人勢揃いインタビュー見せてください至上主義)

それにしてもあの、森田剛が、下北沢の小劇場で舞台やりたいと言いだす日が来ようとは……!!!!! *1*2 時代は……変わったね!!!!! あと「イノランド」のね、適当ぶっこいてる感じがほんと好きで、井ノ原快彦が新作本出してくんねぇかなってまだまだ諦めず心待ちにしております、イノなき本は我がバイブル!!!!!

あさイチ健ちゃんのうれし恥ずかしパラリンピック紹介も大変微笑ましかったです。今どきあんな、ぴょーん!つって、なにやってんのー朝ご飯食べた?まだだよー、あ、僕の友達です*3みたいな茶番が朝っぱらから笑って許されて軽くあしらわれるおじさんたちが、この世にいるだろうか。

生温くたっていいじゃない、たまに会ったときくらい。あの馬鹿兄弟感が許容される優しい世界がほんとにうれしい。ひろしのときも森田さんのときもオカダのときも思ったけれど、改めてV6を応援し続けてきてよかった……ありがとうイノッチマジありがとう!!!

(温くじゃれてても各々、仕事ではプロの顔なのだよ!)
(詳しくはライブDVDメイキング観てね 例えばCCB!)
(そこもまた彼らの素晴らしい魅力だよ!)

若い頃はどことなく頼りなく見えた三宅さんが、今やすっかり立派になっちゃってまー、やー、健ちゃんの晴れ舞台だよね良かったね良かったね。手話ペラペラ(という表現でいいのか?)なの、すっげぇ誇らしいし、カッコいいよ。みんな、好きで始めて頑張って続けたことが、新しい仕事に繋がっていくことは見ていて気持ちがいいし、うらやましい限りです。

長野博が目玉焼きだけで番組やると聞いて、その語感だけでも面白すぎて目眩がしている!笑)

*1:ビニ城も演劇界の著名人がご覧になったそうであまりにも立派になりすぎてゾッとしてる!!!

*2:森田剛の初舞台をV5が観に行って家族参観状態になったエピソードほんと好き!!!

*3:周りから小声で「知ってます」って苦笑交じりに言われてるのほんと好き!!!